円形脱毛症の治し方

20年以上も続く円形脱毛症の患者が勝手なことを書いてるサイト。

円形脱毛症を早く治すカギは腸内環境!サプリメントの効果はある?

円形脱毛症の治療

この記事のポイント

こんにちは。円形脱毛症を早く治す方法を考えました。いろんなことを調べた結果、今のところ一番期待できる方法は腸内環境の改善です。ただ、ヨーグルトを食べていればいいわけではありません。 長期的な対策と短期的な(早く治すための)対策を考える必要があります。

このサイトでは、いろんなところで書いているわけですけど、円形脱毛症は腸内環境と関係があるようだ。これが円形脱毛症のことを調べた結果、私から同じ症状で悩んでいる人たちに伝えたいことなんです。

円形脱毛症は免疫が髪を攻撃しています。その攻撃を止めるための仕組みがうまく働いていないんですよね。

攻撃を止めるのはTregと言われる免疫細胞。そのTregを増やすことができれば髪への攻撃を止められることになります。

制御性T細胞によって免疫による髪への攻撃は止められる
制御性T細胞によって免疫による髪への攻撃は止められる

と、いきなり難しい話になってしまうのですが、ここですべて説明するのは難しいので、興味のある方は、他の記事に書いているので読んで下さいね。

病院で、一時的な効果しか得られない薬を使うのではなくて、生活習慣の中で改善できなければ、いつまでも完治できません。

やがてストレスと出会った時に、また円形脱毛症は発症してしまうでしょう。その前に今の髪の症状も治りにくいでしょうしね。

早く治すために必要なことは何か。腸内環境を改善すること。そして、その方法も私の知らないところにありました。早く治すために、ぜひその方法を知って下さい。

治るという保証はできませんが、今できることはこれしかないという結論なのです!

腸内環境を整えるには

腸内環境を整える方法は知っていますか?

腸内環境というのは、腸に棲んでいる細菌の構成のことを言うんですよね。一般的に言えば、善玉菌と悪玉菌と日和見菌のバランス。

 Memo

善玉菌:日和見菌:悪玉菌の比率が、20:70:10が理想だと言われています。

「腸内フローラ」という言葉も耳にしたことがあると思います。「フローラ」は花畑を意味する言葉で、腸内細菌が並んでいる様子が花畑のように見えるそうなんです。

腸内フローラの花畑をきれいにすることで、健康になると言うのです。

腸内フローラは腸内細菌の構成のこと
腸内フローラは腸内細菌の構成のこと

dysbiosisとは

最近では「biosis」という言葉も使われるようになっています。これが腸内環境のことを言う言葉です。

そして「dysbiosis」という言葉。これは腸内環境の「悪化」を意味しています。

どんな腸内環境がよくないかと言うと、菌の数が少なかったり、菌の種類が少ないことを意味しているようです。

ですから、「dysbiosis」にならないような生活習慣を送ることが円形脱毛症でも大事だし、健康を維持するためにも大事ということなんです。

そのためにできることは何でしょうか。結局は食事なんですよね。そこで知っておきたいのは、プロバイオティクスとプレバイオティクスです。

腸内環境が悪化したのがdysbiosis
腸内環境が悪化したのがdysbiosis

 Point

腸内環境の悪化とは、腸内細菌の数や種類が少ないこと!

プロバイオティクスとプレバイオティクス

腸内環境をよくするための方法で有名なのがこの2つです。プロバイオティクスとプレバイオティクス。何が違うのかを見ておきましょう。

プロバイオティクス

プロバイオティクスは菌を摂り入れることなんですよね。乳酸菌やビフィズス菌が善玉菌の代表とされていますが、これらの菌を食べ物や飲み物を通して腸に届けることです。

ヨーグルトを食べると健康になる。これこそがプロバイオティクスの効果。

プロバイオティクスは、「腸内微生物のバランスを改善することによ って宿主動物に有益 に働く生菌添加物」で、乳酸菌、納豆菌、酪酸菌などの生菌剤および発酵乳・乳酸菌飲料等 の食品がプ ロバ イオテ ィクスの範疇に入る。

参考:プレバイオティクスと腸内フローラ

プレバイオティクス

一方、プレバイオティクスとは、難消化性のものを食べることで行われます。食物繊維などが代表です。腸内に棲んでいる菌のエサを食べて、腸内細菌に届けてあげるようなイメージですね。

腸内には善玉菌や悪玉菌が勢力争いをしているので、善玉菌を元気にして増やすというのがプレバイオティクスです。

プレバイオティクスは、「結腸内の有用菌の増殖を促 進したり、あるいは、有害菌の増殖を抑制し、その結果、腸内浄化作用によって宿主の健康に有利に作用する難消化性食品成分」で、オリゴ糖がこれに含まれる。

参考:プレバイオティクスと腸内フローラ

腸内フローラを整える方法としてプロバイオティクスとプレバイオティクスがある
腸内フローラを整える方法としてプロバイオティクスとプレバイオティクスがある

 Point

腸内環境を整える方法として、プロバイオティクスとプレバイオティクスがある!

プロバイオティクス製品

乳酸菌やビフィズス菌を摂ろうと思って、いろいろと探してみたんですね。なんで探したのかと言えば、そんなの当然、円形脱毛症を治すためですよ。

どんな製品があるのか。ヨーグルトとか、サプリメントとか、けっこうあります。お菓子もあるし、乳酸菌はブームなんでしょう。主に健康とかダイエット目的で。

そういった乳酸菌製品を見ていくと、気付くことがあるんですよ。それは、その商品が何を「売り」にしているかということなんです。セールスポイント。

これがだいたい、どこのものも一緒なんですよね。適当にどこかの乳酸菌飲料を見てください。

乳酸菌が免疫を高めるとか、痩せるとか、便秘を解消するとか、そういう効果はここではどうでもいいんです。他とは何が違っているのか。

そんなセールスポイントには共通点が見られます。

1.乳酸菌の数が多いこと

まず、数のことがあります。例えば、サプリメントの1粒の中に乳酸菌が何匹いるかという話ですね。億とか兆という単位で乳酸菌の数を宣伝しているわけです。

腸内には約100兆個の菌がいると言われています。そこで数億個の菌を入れる。数が多い方がいいような気はしますよね。ところが…なんですけどね。続きはあとにしましょう。

2.乳酸菌が生きて届くこと

乳酸菌が生きて腸まで届くことも重視されているんです。口から例えばヨーグルトを食べて、腸に届く前に、通らなければいけないところがありますよね。そうです。胃です。

胃酸は菌を殺してしまうんですよね。なんかインフルエンザや風邪のn予防には頻繁に水やお茶を飲むのが良いらしいですが、喉の菌を胃に流してしまえば、もう勝ちだということなんですね。

それぐらい胃酸は菌にとっては厳しい環境のようです。

風邪のウイルスならばいいのですが、体にとっていい乳酸菌やビフィズス菌もやっぱり胃酸には弱い。そこで腸まで生きて届くことが大事だというのです。ところが…なのです。続きはあとで。

3.続けることで効果が得られる

もう1つあげるとすると、続けることが大事だと言っていますね。メーカーは。同じ製品を摂り続けることで効果がありますよ、と言うのです。

腸内環境は1日や2日では変わらない。数ヶ月間、プロバイオティクスを続けることで効果があると言われる。

本当にそうなのか…

■ 菌の数が多いこと

■ 腸に生きたまま届くこと

■ 続けること

この3つ。プロバイオティクスの方法として重視されていることがわかります。きっと乳酸菌飲料を見てみると、どれか1つぐらいは書いてあると思いますよ。

重要なのは、これらがどうも正しいとは言い切れないということなんですね。

プロバイオティクスの3つのポイントは正しいのか
プロバイオティクスの3つのポイントは正しいのか

 Point

プロバイオティクスで重視されるのは、菌の数、生きたまま届く、続けること!

バイオジェニックスとは

日本ビフィズス菌センターのプロバイオティクスの情報を見ると、以下のような条件が満たされているものがプロバイオティクスと認められると書かれています。

  • 安全性が保証されている
  • もともと宿主の腸内フローラの一員である
  • 胃液、胆汁などに耐えて生きたまま腸に到達できる
  • 下部消化管で増殖可能である
  • 宿主に対して明らかな有用効果を発揮できる
  • 食品などの形態で有効な菌数が維持できる
  • 安価かつ容易に取り扱える

ところが、これには異論があるんです。光岡知足先生という微生物学者の世界的に有名な先生がいます。

この先生の説明によると、どうもプロバイオティクスと健康の関連性を説明できないと言うんです。菌が生きたまま腸に届くことは、ほとんどないという説明をされています。

菌が腸に生きたまま届くことはほとんどない
菌が腸に生きたまま届くことはほとんどない

胃酸によって届かないわけですよね。だけど、ヨーグルトを食べれば健康に影響することは確かだとも言っています。

つまり、その健康はヨーグルトによるプロバイオティクスの効果ではないと言っているんです。

どういうことでしょう。

菌は腸に届いた時には死んでいても、腸内環境を良くする効果はあると言っているんですよね。けっこう多くのメーカーが宣伝している「生きたまま届く」ことを全否定する感じです。

では、なぜヨーグルトが腸内環境を良くするのでしょう。

菌が腸に届く前に死んだとしても、菌の体や菌が作っていた物質が届く。生きた菌が腸の中で定着する以外でも、菌を摂り入れることで効果があることを最近は「バイオジェニックス」と言うようになりました。

菌が作り出した「物質」が重要だということなんです。これは生きた菌を腸に届けて、菌が腸内環境に棲みつくプロバイオティクスとは、全然違います。

発酵させて菌が作った物質を摂取して腸に届けるのがバイオジェニックス
発酵させて菌が作った物質を摂取して腸に届けるのがバイオジェニックス

 Point

菌の生産した物質を摂り入れることをバイオジェニックスと言う!

乳酸菌生産物質を摂るには

腸内フローラを改善すると言ったときに、プロバイオティクス、プレバイオティクスがあって、その後の新しい概念として生まれてきたのが、バイオジェニックス。

「乳酸菌生産物質」というのが注目されているんです。

ですから、もう生きた菌をたくさん腸に届けるという発想が、少し前の考え方であって、最新ではないということですよね。

もちろん、菌を摂ることが良くないわけではなくて、効率という点で見ると、バイオジェニックスがいいということになります。

乳酸菌の生産物質を摂り入れる方が効果的
乳酸菌の生産物質を摂り入れる方が効果的

この考えのもとに、関口守衛先生という東京女子医大の先生が、本を出しているんですね。ご自身の経験も踏まえています。

その本を見てみました。言ってみれば、代替医療です。近代医療とは違いますよ。だけど、様々な乳酸菌生産物質の効果が見られました。

自己免疫疾患にも効果があり、中には円形脱毛症に効果があった人も出てきました。

となると、乳酸菌が含まれるサプリメントを飲むよりも、乳酸菌生産物質というのが気になってくる。なぜか、そういう製品はあまり見ないんです。

おそらく、簡単に作ることができないからではないかと思います。

私は円形脱毛症なんです。治すために腸内環境を良くしたい。ヨーグルトや乳酸菌飲料よりも高い効果があるのが、バイオジェニックスであって、乳酸菌生産物質です。

特に円形脱毛症を早く治すためなら、乳酸菌が増えるのを待つよりも、乳酸菌生産物質が魅力的なんです。

 Point

乳酸菌生産物質を摂ることが効率的な腸内環境の改善!

円形脱毛症と酪酸との関係

乳酸菌生産物質として、いくつかの製品を見つけることができました。その中でも気になったのが「善玉元気」というものです。私は知りませんでした。

乳酸菌生産物質のサプリ「善玉元気」
乳酸菌生産物質のサプリ「善玉元気」

善玉元気の公式サイト

なぜ、善玉元気が気になったのかというと、まさに先ほど書いた関口先生の本に出ていたものとそっくりなんですね。

大豆を発酵させて作っているもので、薬と違い、副作用のようなものはありません。そして、もう1つ。とても重要なことがありました。

私たちは円形脱毛症なんです。円形脱毛症を治すための腸内環境が必要なんですよね。

私は免疫や腸内環境などの研究論文をかなり読みましたが、善玉菌とか、悪玉菌というのも、ちょっと時代遅れのような感じがします。「dysbiosis」なんですよ、最近は。

だから、乳酸菌のサプリメントを取ってもダメなのです。

腸内細菌を研究している本田賢也先生の言葉を借りると、

これまで用いられてきたプロバイオティクスは生体への影響を指標に単離されてきたわけではなく、単に培養が簡単であったり酸に耐性であったりという理由により選択されたものが多い。(省略)消化管に常在していながら宿主のもつ細胞の分化や機能をある方向へ人為的に変えることのできる細菌種が、次世代のプロバイオティクスになると考えられる。

参考:腸内細菌と腸管免疫

これはどういうことかと言うと、これからのプロバイオティクスは、もっとピンポイントで効果のある方法になっていくだろうということなんですよね。

どの腸内細菌がどんな物質を作って、それが体にどんな影響を与えるのか。これがわかれば、今よりももっと高い効果が期待できます。

逆に言えば、今の現状では、なんだかよくわからないけど、ヨーグルトを食べると菌が免疫を強くするぐらいの話なんですよ。

1000種類もある腸内細菌が病気とどうつながっているか
1000種類もある腸内細菌が病気とどうつながっているか

私はこのへんの研究にすごく興味を持っているんです。円形脱毛症だから。

そして、Tregという円形脱毛症にも関係があると考えられる細胞があることも知りました。

そのTregを作るためにはある細菌が必要だということもわかってきています。それは、クロストリジウム属という細菌なんですね。

ただし、そう単純でもないのでしょう。本田先生の論文にはこうあります。

腸内フローラの細菌種の構成の異常である dysbiosis の改善は,単独の細菌種の投与では困難であると考えられる。宿主への影響の把握できた複数の細菌種の組合せが、今後、新しいプロバイオティックスとして開発されていくものと考えられる。

参考:腸内細菌と腸管免疫

このクロストリジウム属の菌が腸にいればいいというようなものではなくて、菌同士の組み合わせでも、腸内環境は変わってくるだろうと言っています。

一方で、Tregが作られるときには、「酪酸」という物質が重要だという研究もあるんですね。これはクロストリジウム属の細菌も作る物質です。

本田先生の話と、光岡先生の話を合わせると、やっぱり菌が重要というよりも、菌が作り出す物質が重要な気がしてくるんです。

おそらく腸の中で、菌同士のやり取りのために出される物質などもあるわけですよね。それが人間にも影響を与えている。その物質は環境によって、種類や出される量も違ったりするんだろうと思います。

菌が作る物質を摂り入れることができるならば、最も効果的だろう。キーワードは「酪酸」なんですよ。そうなると。

もう、菌の数とか、生きた菌というのは、あまり関係なくなってきますよね。

善玉元気という製品は酪酸が含まれているんです。ここに他の製品にはない価値があるだろうと思うわけです。だから、これは!と思ったんですよ。

善玉元気の成分を見ると酪酸が含まれていることがわかる
善玉元気の成分を見ると酪酸が含まれていることがわかる

光岡先生の話では、赤ちゃんの時に決まる腸内細菌の構成は、そう簡単に変わらないと言うんですよね。そして、腸内環境は個人によってかなり違うものでもあります。

そう考えれば、ますます、腸内環境に善玉菌を増やすのも難しいと思えるのです。ただ、ヨーグルトが健康を増進するという事実もある。

この影にあるのは、菌が作り出す物質なのでしょう。

 Point

円形脱毛症を止めるTregを作るには酪酸が必要で、それは腸内細菌が作る!

長期的な対策と短期的な対策

もう1つ、よくわからないのが「続ける」ことについてです。同じ製品を続けるということなんです。なんとなく、メーカーの利益重視で使われているようにも聞こえてしまうのですが。

おそらく、続けることは大事だと思うんですね。腸内環境を整えることを続ける。

だけど、それが同じものを摂り続けることなのかというと、ちょっと疑問だなと感じます。

私達が改善したいのは、腸内環境であって、相手は菌なんですよね。こういう生きたものを相手にするとき、気をつけなければいけませんよね。耐性についてです。

抗生物質を使うことで、生き残った「耐性菌」という強い菌が生まれたとか言うんですよね。私はこの耐性はいろんなところで言えることじゃないかと思うんです。腸内細菌もやっぱりそうだと思います。

O157という菌が食中毒を起こしますけど、あれも157番目なんだそうです。人間が殺すものだから、どんどん強くなっていったんだとか。すごいんですよね、生きているものって。

だから、私は思うんです。いろんな刺激があった方が良いんだろう。同じ乳酸菌サプリメントを食べることで、腸内環境を整えようとするよりも、いろんな菌を入れたほうがいいと思っています。

私もいろいろ試しているんですが、納豆とか、キムチも菌がいるし、これらは植物性だから胃酸にも強いと言われたりする。飲む点滴と言われる甘酒なんかもいいんですよね。

理想としては、いろんな菌を食事の中でも取り入れながら、プレバイオティクスとして食物繊維やオリゴ糖も摂る。

また、腸内環境をdysbiosisにしてしまうストレスは避けるような生活を心がける。

ただし、円形脱毛症を治す方法としては、これらは長期的なやり方でしょう。治すというよりは、むしろ再発や重症化を防ぐための効果を期待するものと言えます。

円形脱毛症を早く治すには

短期的に、今の症状を早く治したいなら、乳酸菌生産物質を摂る。これはバイオジェニックスでしたよね。

なかなか変わりにくいと言われる腸内フローラの菌の構成を待つ必要もないのです。腸内環境を通さずに、菌が作る物質を摂り入れるのが、乳酸菌生産物質ですからね。

円形脱毛症を早く治すためには乳酸菌よりも乳酸菌生産物質を摂る

円形脱毛症になると、できるだけ早く治すことを求めますよね。それが可能だとすれば、乳酸菌生産物質の力を借りるのが、効果的なのではないかとなります。

今のところは、酪酸を含む乳酸菌生産物質をサプリメントとして販売しているのが「善玉元気」です。本田先生の研究が進んで、酪酸を含むサプリが増えるかもしれませんけどね。

円形脱毛症を早く治したい人は、使ってみるべきです。

善玉元気の公式サイト

 Point

早く治したいなら酪酸を含む乳酸菌生産物質が効果的!

まとめ

円形脱毛症と腸内環境は免疫を接点とした関係があります。腸内環境を整えるための方法として、プロバイオティクス、プレバイオティクス、バイオジェニックスがあります。

乳酸菌を摂り入れるプロバイオティクスは腸内での定着が難しいとも言われていますが、様々な菌を摂り入れることは、長期的なメリットがあると思われます。

早く治したいという場合には、酪酸を含む乳酸菌生産物質を摂る方が、菌を定着させるよりも早い効果が期待できます。

この記事のポイント

  • 腸内環境の悪化とは、腸内細菌の数や種類が少ないこと!
  • 腸内環境を整える方法として、プロバイオティクスとプレバイオティクスがある!
  • プロバイオティクスで重視されるのは、菌の数、生きたまま届く、続けること!
  • 菌の生産した物質を摂り入れることをバイオジェニックスと言う!
  • 乳酸菌生産物質を摂ることが効率的な腸内環境の改善!
  • 円形脱毛症を止めるTregを作るには酪酸が必要で、それは腸内細菌が作る!
  • 早く治したいなら酪酸を含む乳酸菌生産物質が効果的!
円形脱毛症を早く治すカギは腸内環境!サプリメントの効果はある?

関連記事